お金借りて複数借りて他社から借りて親からも借りた

2014年12月7日

銀行キャッシングと取立て

Filed under: 銀行 — tasayakarita @ 4:51 PM

銀行キャッシングの取り立てというと、闇金のように悪質な取り立てをイメージする人も多いと思いますが、

このような悪質な取り立ては貸金業法の改正によって厳しく取り締まわれる対象となりました。

もし悪質な取り立てを行えば、その貸金業者は罰金や業務停止を命じられます。取り締まりが厳しくなったとしても、悪質な取り立てはまだ完全に無くなった訳ではありません。

取り立ての際の暴力、勤務先や親戚への訪問、時間に関係なく幾度も訪問する、連日の訪問、多人数での訪問などは違法になりますから、

もしこのような取り立てに遭った場合は消費者生活センターや弁護士に相談しましょう。

無料で相談に載ってくれる弁護士も居ますのでまずは電話してみることをお勧めします。

専門家である第三者が間に入れば、悪質な業者は手を引かざるを得ないのです。

日本の銀行で借り入れをするなら

2014年8月21日

住宅ローンも借金です。

Filed under: 借金返済 — tasayakarita @ 11:23 AM

住宅ローンというと誰もが当たり前のように利用していて、借金というマイナスイメージとは結び付かないように思いますが、よく考えてみれば、何かあったときには到底返済のできないよな、多額の借金をしているのです。
不況の今は利率が低く、月々の返済に加え、少しずつでも繰り上げ返済をしていけば、利子分の返済を少なく抑えることができますが、それでも長い年月を通して、かなり大きい額が借金の利子として払われていくことになります。
何千万もの借金は、何事もなく返済している間に家賃と同程度の意味しか持ちません。どうせ払うならただ消えてしまう家賃よりも後に持ち家が残る方がいい、ということで、ローンを組んでマイホームを手に入れることを選択する人は多いですが、家賃とローンでは全くその意味合いが違うことも、きちんと考慮に入れるべきではないでしょうか。
年収が何千万、何億とある人たちであればともかく、一般的なサラリーマンにとって住宅ローンとして組まれる金額は、何十年も働いてやっと返済のできるものです。家賃であれば家計が苦しくなった時にはもっと安いところに引っ越すこともできますが、ローンは月々の支払い額を下げればそれだけ長い年月の支払いとなるだけです。
マイホームに夢を見るのは楽しいことですが、多額の借金を抱える身になるということをきちんと認識し、自分の身の丈にあった金額のものか、返済が難しい状況になった時にどのような対策が取れるのか等を考えた上で、可能な限り利子分を低くする工夫や、早く返済を終わらせる努力をしなければならないと思います。

銀行で借りる時の取り立て

2014年8月15日

お給料日前のお助けキャッシング

Filed under: キャッシング 即日融資 — tasayakarita @ 5:16 PM

私はキャッシングを利用したことはまだないのですが、いつもお給料日前になると金欠になることが多く、お金がないときに限って御呼ばれされたり、化粧品が無くなりかけてたり、細々したものに出費がかかります。お給料をもらった時は、なるべく使わないようにと節約しているのですがその反動なのか、後半になると悪い癖で衝動買いをしてしまうので、金欠になるのです。
お給料日前に急な出費があり、今回はさすがにキャッシングに頼ろうかとも考えましたが、その時は何とかなったので良かったのですがキャッシングも利用したことがある友人に聞いたら、便利だといっていました。利息は付くけれど、日割りなので早めに返すとお得だと聞いたので、もしキャッシングを利用する機会があるならばきちんと返済のことも考えつつ利用してみるのもいいかなと思いました。それに、ネット環境があれば簡単にお金を借りることが出来るのも便利だなと感じました。

年間に必要な手数料も視野にいれておこう

Filed under: カードローン — tasayakarita @ 5:15 PM

2010年に貸金業法が完全施行されてから、ATMなどの手数料を利息に含めないという利息制限法が定められました。

これによって、多くのカードローン会社はATMの手数料を課すようになりました。

カードローン会社を選択する際は、金利が低い業者を選ぶことが大切ですが、案外忘れられがちなのが返済時の手数料だと思います。

口座自動引き落としなら手数料が掛かりませんが、銀行から振り込んで返済する場合やATMから現金を払い込んで返済する場合は手数料が掛かります。

しかし、指定のATMならば手数料無料のところもあるので、カードローン会社を選ぶ際は、金利の低さに加えてATM手数料が無料のところを選ぶと良いでしょう。

短期間で返済が済んでしまうのなら良いですが、返済が長期に渡る場合は手数料がかさんでしまいます。

せっかく低金利のカードローン会社の審査に通ったとしても、毎回手数料を取られていては勿体ないです。

カードローン会社を選択する際は、金利と手数料の両方を比較して検討しましょう。

キャッシングとの違いはなんですか?

Filed under: キャッシング — tasayakarita @ 5:15 PM

カードローンとキャッシングは、どちらもカードを使って金融機関から現金を借り入れるというところは共通しています。

カードローンは、昔はローンと呼ばれていました。

しかし、時代の流れと共にCDやATMからもカードを使って現金を借り入れることが出来るようになり、カードローンと呼ばれるようになりました。

返済方法は、リボルビング払いが主流になっています。

それに対して、キャッシングはクレジットカードのキャッシング枠を使って現金を借り入れます。

返済方法は、昔は一括払いが基本でしたが今では分割やリボルビング払いも多く見られるようになり、カードローンとキャッシングの線引きが曖昧になってきました。

本来、カードローンというと大口の融資を分割で返済するもの、キャッシングは小口の融資を一括で返済するものでした。

しかし、時代の流れとともにカードローンも小口の融資を扱ったりキャッシングも大口の融資を扱うこともあるようです。

カードローンを利用する時にはどんな物が必要になりますか?

Filed under: カードローン — tasayakarita @ 5:14 PM

カードローンを申し込む際は、事前にどんなものが必要なのか調べてから窓口へ行くとスムーズに申し込みが出来るでしょう。

業者のホームページを見ると、提出書類などが明記されています。どこの金融機関でも、「本人確認証」は必ず求められます。

また、希望融資額が多い場合は所得証明書を求められる場合があります。申込者に安定した収入があるかどうか確認する為です。

では、本人確認証はどのような物が適しているのでしょうか?

一番お勧めなのは運転免許証です。運転免許証には顔写真が添付されてますので、窓口でも本人確認がしやすいです。

次に、パスポートです。外国籍の方は外国人登録証明書が必要になります。国民健康保険証や健康保険証、国民年金手帳、住民票、障害者手帳なども本人確認証として有効です。

申し込み用紙に個人情報を記入して、これらの必要書類を提出して審査となります。

本人確認証の情報と申込用紙に記入した情報が違っていると審査に通りませんので気を付けましょう。

Powered by WordPress